ハクビシンの駆除方法と専門業者を徹底リサーチ

HOME » ハクビシン被害の実態と対策 » 被害を繰り返さないために

被害を繰り返さないために

このページでは、ハクビシンによる被害を二度と繰り返さないための対策について、注意点や改善点などを含め、くわしく解説していきます。

ハクビシン被害を繰り返さないための対策

ハクビシン被害を防ぐための対策として、個人で出来ること、業者が出来ること、自治体が出来ることの3つに分けてポイントを紹介します。

個人で出来ること

  • ハクビシンが屋根へ登れてしまうような庭木の枝などがある場合、可能なかぎり切る。
  • ペットの食べ残しや生ゴミ、庭木にから落ちた果実などを放置しない。また、農作物の収穫後、畑に作物を残さないようにする。
  • ハクビシンは糖分が大好きなため、飲み終わったジュースなどの空き缶は水で必ず洗ってからゴミに出す。
  • 畑や農作物の被害対策としては、ネットや電気柵を使う。
  • ハクビシンが寝床を作れないようにするために、周辺の雑草も刈っておく。
  • あまり人の立ち寄らない廃屋や倉庫は、できるだけこまめに巡回するようにする。
  • ジュースや果物、菓子といったお墓へのお供え物は、お参りが済んだらきちんと持ち帰るようにする。

業者が出来ること

  • ハクビシンの駆除が完了したあと、再度侵入されないように、侵入口となり得るわずかな穴や隙間、排気口など、すべてをふさぐ施行をきちんとする。また、ふさいだ箇所がハクビシンによってこじ開けられたり壊されたりすることがないよう、丈夫な材を使用してきっちりとふさぐことが重要。

自治体が出来ること

  • ハクビシン被害の予防について、パンフレットを配布するなど住民に積極的に呼び掛ける。
  • ハクビシン捕獲用のワナの設置費用などを助成する。
  • ハクビシンの生態などに関する知識や、被害防止のための技術などを、農業者をはじめ住民に対し普及するよう努める。
  • 農業者や住民などに対し、箱ワナなどの貸し出しを行うなどして捕獲を推進する。
 
ハクビシンの駆除に困ったら見るサイト