ハクビシンの駆除方法と専門業者を徹底リサーチ

HOME » 害獣駆除と法律について

害獣駆除と法律について

ここでは、ハクビシンやアライグマなど害獣の駆除に対する法律規制の問題について、くわしく解説しています。ハクビシンなどの駆除をお考えの方にはぜひ知っておいてほしい事項なので、ぜひチェックしてみてくださいね!

害獣駆除に対する法律規制の問題

【ハクビシン】

一見かわいいハクビシンですが…ハクビシンの駆除において、1つ覚えておかなければいけない点があります。 それは、もしハクビシンを家の庭や屋根裏で発見したとしても、自分で捕獲してはいけない!ということです。

実はハクビシンは、「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」という鳥獣保護法の対象になっている動物なのです。そのため、許可なく勝手に捕まえることは禁止されています。

何か生活被害を及ぼしていたり、農作物などに被害が発生している場合のみ、市や県に申請をして許可をもらえば捕獲が可能です。

もともと、ハクビシンは長野県と山梨県において、「天然記念物」として指定されていたこともあります。

1950年代、野生のハクビシンが繁殖してその数を増やし、目撃されることが増えていました。その当時ハクビシンはとても珍しい動物だったため、長野は1975年、そして山梨では1957年に天然記念物として指定されたのです。

長野県では、当初は一部の地域のみで目撃されていたのですが、年々とその分布は北上していき数も増え、作物への被害も出るようになったため、1982年には阿智村、清内路村・中川村、松川町において「有害鳥獣駆除」の対象になりました。

そして、その数の増加から、1995年に天然記念物の指定も解除されたのです。

【アライグマ】

愛くるしいアライグマも…ハクビシンとはまた違い、アライグマは、「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」という外来生物法において、“特定外来生物”として指定されている動物です。 そのため、飼育や譲渡、輸入などは禁じられています。

その「特定外来生物」に、なぜハクビシンは指定されなかったの…?というと、 外来生物法が施行された当初、“当面、明治以降においていつ持ち込まれたのかが分かる動物を対象にする”といった、国の方針があったからです。

ハクビシンはこれによって外されましたが、1970年代の後半に北米から輸入されたことが分かっているアライグマは特定外来生物として指定された、ということなのです。 

 
ハクビシンの駆除に困ったら見るサイト